ブログ/川中子住建−季節をかける家−栃木県下野市

0

    こんにちは​ 手

    8月も終わりに近づいているにも関わらず・・汗

    30°を超す猛暑が続いています汗

    熱中症が心配ですねガーン

    そこでプチ情報ですエクステンション

     

    「熱中症」は高温多湿の環境に身体が適応しないことによって起こる様々な症状の総称で、

    進行状況や内臓、身体機能への影響によって、細かく4つに分類されます。 

     

    ■熱失神
    暑さによって末梢血管が拡張し、血圧が低下する
    血液の循環量が不足し、めまいや失神が起こる

     

    ■熱けいれん
    大量の発汗によって、ナトリウム量が低下する
    筋肉が硬直して、筋肉の痛みやけいれんが起こる

     

    ■熱疲労
    大量の発汗によって、脱水状態が進行する
    体液の不足により、体温が上昇し、頭痛や吐き気、虚脱感が起こる

     

    ■熱射病
    熱中症の分類の中で最も重症
    症状が進行し、体温調節機能が失われる
    40度以上の高熱がみられ、発汗が止まり、意識障害が起こる

    最近は、上記のような分類では実際には見分けは難しく、基準もあいまいであることから、
    重症度に応じて診断基準を分かりやすくした、
    機銑慧拱類が適用されることも多くなってきました。

    掬戮老攵匹箸気譟熱失神・熱けいれんに当てはまります。
    凝戮惑疲労に分類されます。
    慧戮禄転匹如熱射病に当てはまります。
    |羶神経症状
    肝臓・腎臓機能障害
    7豈婉展念枉錣里Δ腺韻弔任眈評に見られる場合、慧戮反巴任気譟
    掬戮砲皚慧戮砲眦てはまらないものが凝戮反巴任気譴泙后

     

    熱中症を予防するためには、熱中症にかからないようにする体を作ることが大切です。

    その基本となるのが、食生活です。

    1日3食バランスのとれた食事と適度な水分補給によって、健康維持を心がけましょう。

     

    ■熱中症予防に良い食材
    予防する食事も基本は、5大栄養素をまんべんなく摂取するバランスのとれた食事です。
    暑いからといって、軽い食事だけで済ましていると、体力が低下し、暑さへの抵抗力が低くなってしまうので、しっかり食べるようにしましょう。
    夏に旬の食材は、体を冷やし、食欲を増進させる働きを持つものが多いので、
    旬のものを積極的に食べるのがオススメです。
    また、積極的に摂ると良いのは、疲労回復を促すビタミンB1やクエン酸、
    汗で失ってしまうカリウムなどです。

     

    ■熱中症予防に良い飲み物
    運動時は、良く冷やして吸収を良くしたスポーツドリンクや、
    水1リットルに、砂糖大さじ4、塩小さじ2分の1を加えた
    簡易の経口補水液を用意しておきましょう。
    運動前にコップ一杯程度、運動中はこまめに摂取を心がけます。
    運動後は、運動前の体重と比較して、減っているようなら、水分と食事で、体重を戻すようにします。
     

    日常生活では、スポーツドリンクは糖分が多量に含まれているので避けた方が良いです。
    ジュースも同様で、糖分の過剰摂取につながるので避けましょう。
    なるべくカフェインの含まれていないお茶や水を常温で飲むようにします。
    カフェインが含まれたお茶は、利尿作用があり水分を排出してしまいます。

     

    まだまだ暑い日が続きます晴れ

    熱中症には十分注意して下さい​ エクステンション


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 今年最後の大会
      ようせい
    • T様邸お引渡し
      T
    • T様邸進捗状況&栃木SC初観戦!
      T

    search this site.

    others


    Copyright© 2015 川中子住建 All Rights Reserved.