ブログ/川中子住建−季節をかける家−栃木県下野市

0

    朝夕の寒気が身に染みる時節ですね汗

    暦の上では立冬ですエクステンション

    まだ紅葉の時期で冬と言うより秋ですが

    これから少しずつ寒さが増して来ますので・・・

    体調管理を万全に整え、寒い冬を乗り超えましょうエクステンション

     

    11月15日は七五三です。

    なぜ、七五三は、3歳、5歳、7歳で祝うようになったか知っていますか?

    調べて見ましたきらきら2

     

    中国の古い思想「陰陽説」の中で奇数を陽数といい、めでたい数と言われています。

    その間をとったものが三、五、七の為、その年齢にお祝いをするとされています。

    そのような影響で、日本でも奇数を陽数、偶数を陰数といって、奇数が縁起の良い数とされているからです。

    また、子供の厄年がその年齢にあたるから、とも言われています。

    そして、昔は乳幼児の死亡率が非常に高かった為、まだこの世に命が定着していない者として扱われていたためでもあるんですね。

    その為、人生の通過儀礼のお祝いとして三歳から七歳の間にお祝いが行われるようになったと言われています。

    七歳になる事は、第二の誕生と言うべき節目でもあったわけです。

    このような理由で、七五三は、子供は7歳までは神様からの預かり物であるとされていて、7歳までの奇数の歳には、それまで無事に生きてこられたという感謝と、これからも幸せに、長生きが出来ますようにという願いをこめて行う儀式なのです。

    桜三歳・・昔、子供はみんな、3歳になるまでは神様からの預かり物だと考えられていました。子供が、無事に、3歳をむかえることができると、親たちは、ようやく自分の子供となった記念に子供の髪を伸ばし始めます。この「髪置の儀」が現代に伝えられ、3歳のお祝いとなりました。子供が白髪頭になるまで生きられるようにという願いを込めた綿帽子を頭の上に乗せたそうです。

    桜五歳・・男の子は、5歳くらいになると子供用の着物から初めて袴をつけるようになり、生活すべてにおいて周りから認めてもらえるように勉強はじめ、いろいろなことを学ぶ努力が必要となります。この儀式を「袴着(はかまぎ)」と言い、5歳のお祝いのもとと伝えられています。5歳には男の子が男として認められるようになるといった意味が込められています。

    桜七歳・・女の子は、7歳くらいになるとそれまで着物をとめるのに利用していた紐を帯に変えるようになります。この儀式を「紐落(ひもおと)し」もしくは「帯解(おびと)き」と言い、7歳のお祝いのもとと伝えられています。つまり、大人の女性として認められるようになるといった意味が込められています。

    このように、七五三を3歳、5歳、7歳で祝うということには、意味がある日本の風習ということなんですねきらきら5きらきら2きらきら2きらきら2きらきら2きらきら2


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 今年最後の大会
      ようせい
    • T様邸お引渡し
      T
    • T様邸進捗状況&栃木SC初観戦!
      T

    search this site.

    others


    Copyright© 2015 川中子住建 All Rights Reserved.